中部東芝エンジニアリング株式会社

MENU

  1. TOP
  2. 採用情報
  3. 先輩社員の声
  4. 森裕平さん

採用情報

先輩社員の声

普通科卒 
メモリ製品技術部 メモリ製品技術第一担当 
2007年度入社 
森裕平さん
森裕平さん 写真

現在の仕事を教えてください

量産メモリ製品の製造ライン構築やマスタ整備を担当しています。

東芝メモリ四日市工場で生産されている製品の中でとても需要が高くなっている、BiCS Flash(3次元メモリ)を主として担当しております。

BiCS Flashは、四日市工場内で製品となるまで数十日掛かり、その間数百回の様々な処理が行われます。

その処理にはそれぞれ決められた条件があり、決められた条件通りに処理が行われる様にマスタと言われるツールを使用し作業を行っています。
さらに四日市工場には(Y2)(Y3)(Y4)(Y5)(Y6)と5つの処理棟に分かれております。製品は様々な棟に移動しながら処理を行うため、どの工程をどの棟で処理するべきかを確認し適切な処理棟に移動されるように登録作業も行います。

入社を決めた理由はなんですか?

高校生の時に会社見学で訪れた際、四日市工場の大きさに圧倒され自分もこんな大きな会社で働いてみたい気持ちを持ったのが理由です。

会社見学で訪れた際に半導体業界で最先端の技術力を東芝メモリ四日市工場は持っていると言う言葉に惹かれ
当時は半導体の『は』の字も知らなかったのですが、四日市工場の大きさと最先端技術を使ってどの様な仕事をしているか興味を持ち入社を決めました。

入社前と入社後にギャップはありましたか?

会社を365日 24時間稼動を継続させる事の大変さを知りました。

私はラインエンジニア(LE)として入社し交代勤務(12時間勤務)で働いてきました。

最先端技術を用いて高品質の製品を作り続ける為には、工場の稼動を止めるわけにはいかず
365日 24時間昼夜を通して様々な技術者や現場の方々が知恵を出し合いながら作業をすることで、私達の身の回りで当然の様に使用しているスマートフォンなどのメモリー製品の品質が保たれていることを痛感しました。

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

私が考えた製造ラインの構築方法などが採用されたときにやりがいを感じます。

製造ラインの構築方法は様々有り、どの様にお客様までミス無く、効率良く流品させるかの考え方は十人十色です。

その中でも皆で案を出し合いながら最終的に私の考えた構築方法が採用され無事にお客様まで届いた時にやりがいを感じます。

今までで一番大変だったことと、どのように解決したかを教えてください。

お客様からの要求に対して様々な工夫をしながら製造ラインを構築したことです。

お客様からの要求は日々変化します。当初考えていた構築方法ではお客様の要求には応えられず
上司や同僚達と頭をひねりシュミレーションを重ねて、何とかお客様の要求を満たす事が出来ました。

しかし日々変化する要求に限りは無いので現在も新たな構築方法を模索しています。

典型的な一日のスケジュールを教えてください

ある一日のタイムスケジュール
08:30 出社 メール確認(当日のスケジュール確認)
9:00 定例朝会議
10:00 プロセス切り替え準備
12:00 昼休憩
13:00 プロセス切り替え対応
13:45 昼礼
15:00 プロセス切り替え完了
16:00 新製品の製造ライン構築やマスタ整備についての会議
18:00 翌日の作業内容確認
19:15 退社

どういう人(新入社員)と働きたいですか?

理解出来なかった事は素直に『もう1回教えて欲しい』と言える方と働きたいです。

入社してすぐにたくさんの専門用語や仕事を教えられても分かる訳がありません。

私も実際入社して最初はちんぷんかんぷんでした。でも最初はそれでいいんです。

理解出来ない事を周囲の方に聞くことで自然とコミュニケーションが図れます。

理解出来ていないのに理解できたつもりでいると必ず後から困ります。

聞くことは何も恥ずかしいことではありません。たくさん質問してくれる新入社員の方待ってます!

学生への応援メッセージ

大きく前向きな気持ちと少し後ろ向きな気持ちが大切だと思います。

社会人になった際にもちろんワクワクしたり色々な事が新鮮で興味を持って、大きく前向きな気持ちでいると思います。

もちろん前向きな気持ちは大切なことだとは思いますが、たまに自分のことを冷静に客観視出来る後ろ向きな気持ちも持ってみて下さい。

後ろ向きな気持ちは悪い意味では無く、今焦っていないか?本当にこの選択が正解なのか?など、冷静に判断することができると思います。

2つの気持ちを上手に使うことが大切だと思います。

森裕平さん

ページトップへ

中部東芝エンジニアリングトップページ | 個人情報保護方針
| サイトのご利用条件 | お問い合わせ

中部東芝エンジニアリング株式会社