中部東芝エンジニアリング株式会社

MENU

  1. TOP
  2. 事業紹介
  3. 半導体製造エンジニアリング

事業紹介

半導体製造エンジニアリング

製品技術(製品立上げ、歩留まり向上)

試作計画の立案とロット管理、試作製品の信頼性確認計画策定、不良解析などを行うとともに試作品・量産品の不良解析・歩留り改善を行います。

応用技術(製品評価解析技術)

テスト工程の管理、新製品のテスト工程立上げ、テスト工程の合理化、不良品の解析を行うとともに海外拠点(後工程)のサポートやテスト関連装置の仕様選定を行います。

信頼性評価技術

開発、量産における品質の作り込みや品質の継続的な改善ならびに顧客サービス対応を行います。

前工程プロセス技術(プロセス開発、生産技術、製造技術)

量産製品の品質改善や生産性改善のための前工程プロセス検討と評価を行ないます。
また、次世代製品のプロセス開発も行なっています。

半導体製造管理システム運用(マスタ運用管理)

ナノの世界で行われる半導体製造は、システムによる制御が不可欠です。システムによる制御で、製造装置、評価装置と連動し、半導体製造を自動で行うことを実現します。
このシステムへのデータ設定、工程登録変更、レシピ設定等を一極集中で担当する業務がマスタ運用管理です。

ページトップへ

中部東芝エンジニアリングトップページ | 個人情報保護方針
| サイトのご利用条件 | お問い合わせ

中部東芝エンジニアリング株式会社